【第2回】アナニー中毒者向け さらに上級なやり方を丁寧に解説【手順書付】

自慰

今回は、アナニーに慣れてきて方向けによりディープなアナニーのやり方を紹介していきます。

前回の初心者向け記事で紹介した基本を抑えておけば、上級者向けのやり方でも安全にできると思います。(あくまで自己責任でお願いしますよ!)

そこで今回は、前回のアナニーの基礎を抑えつつもより快感を増やすための方法もいくつか紹介していきます。ここまでできるようになればもはやアナニーの上級者を名乗ってもいいくらいなのではないでしょうか。

アナニーの上級者向けな楽しみ方を解説

上級者向け① 「女装」と組み合わせる楽しみ方

「女装」してアナニーをするという楽しみ方です。知っている人は知っている有名な組み合わせかもしれません。

アナニーは精神的な要素が快感にかなり影響します。つまり「女装」して入れられる側の立場で妄想すると、より快感が大きくなるというわけです。

衣装は好きなキャラのコスプレや好きなコスチュームを選ぶのが良いでしょう。最近は「女装向け」の衣装を出しているアダルトグッズメーカーもありますし、各種通販サイトでも幅広いサイズ展開をしているお陰で、誰でもはじめやすい環境が整っています。

こんな感じの商品ですね。ちなみに私のおすすめは、スク水やスカートタイプです。

アダルトグッズの水着は股間にファスナーがついているので、わざわざずらして挿入する必要もありません。同様の理由でスカートも使い勝手がいいのでおすすめです。

また、アナニーは快感が感じられる状態になるまで多かれ少なかれ時間がかかるので、服を着ていれば寒さなどを気にせず楽しめます。

グッズなどを一通り揃えたら、次のステップに「女装」をしてみてはいかがでしょうか。

上級者向け② 「音声作品」を活用する楽しみ方

音声作品は、聴覚的な刺激や音声に合わせて動くことでリアリティが出ます。

ただ、音声作品のジャケットに描いてある絵のペニスがびっくりするくらいデカかったりするのもあるので、そのあたりのリアリティを追求するなら、必要なグッズが相応の大きさになります。

開発が必要なこともありますが、うまく開発すればどんなサイズのものも入るようになります。

また、催眠音声を使えば催眠による絶頂のコントロールや、イッている最中でもピストン強要など普段ならできないことができるので、気持ちいいこと間違いなしです!

上級者向け③ 「大きなサイズ」で限界拡張

アナルは拡張してあげると柔軟に受け入れてくれます。

アナニーをしていると徐々に同じ太さのものでは満足できなくなってくることでしょう。そうなってくるとより太いものを入れたくなってくるかと思います。

そこで、より大きなもので試してみてはいかがでしょうか。

例えば、アラブLやアラブLL、カイマンのような極太なディルドを使うのもいいいでしょうし、世の中にはフィストファック愛好家向けのようなディルドも存在します。

アラブやカイマンはアナニーになれた人なら一度は触れておきたいほどのサイズ感で、太さはしっかりあるものの極端に挿入しにくいということはなく、しっかりとした拡張などアナニーの基礎さえ抑えておけば比較的挑戦しやすいディルドかなと思います。

上級者向けアナニーの参考になるAV

アナニーの参考教材にAVはいかがでしょうか。

アナニーはイクことに対するイメージがとても大切ですし、危ないことというイメージよりも気持ちのいいことというイメージを持つことが重要です。

おすすめの作品をいくつか載せておきますので、参考にどうぞ。

肛門括約筋破壊 アナルオナニー 2


美人ニューハーフ8人の自画撮りアナニー4

まとめ

いかがだったでしょうか、今回はアナニーの上級者への解説をしました。

もちろん、ここに上げたこと以外にも方法はたくさんあると思います。快感の感じ方は人それぞれですし、アナニーはとても繊細なので上級者への道はとても長いものです。

ここで上げたのはあくまで一例なので、ここからさらにオリジナルのアナニーにできれば真の最上級者へとなれるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました