【第1回】アナニーの基本的なやり方を丁寧に解説・体験談あり【手順書付】

自慰(オナニー)

皆さんはアナルオナニーはご存知でしょうか?略してアナニーです。

アナルを使ったオナニーで男性でも何度も絶頂できると話題にもなっていますよね。しかし、アナルをいじるということで、一体何をしたらいいのかわからないことも多いかと思います。

そこで今回は、自分の体験談などもふまえてアナニーの基本的かつ安全なやり方を解説していきます。今回の記事だけでアナニー未経験から初心者をちょっと超えたくらいにはなれるかと思います。

アナニーの基本的なやり方を解説

アナニーの準備

アナニーの準備は腸内洗浄からはじめます。

腸内洗浄はシリンジなどでアナルにお湯(できれば人肌くらいの温度のものがいいです)を入れます。

ここで入れすぎると内部の便が出過ぎたり中に水が残ってアナニー中に出てくる事故が発生するので気をつけてください。

入れたあとは5~10分ほど我慢して出します。大体2,3回すれば直腸あたりはきれいになるので、大丈夫です。

次に、アナルの準備をします。

ローションを塗り、指にコンドームをはめて指を一本ずつ入れていきます。なれていない方は焦らずに一本ずついれてアナルに入れたあとの違和感がなくなるまで待って一本ずつ増やして行ってください。

大体指が3,4本入れば大抵のディルドやバイブは入りますので準備は完了です。上級者の方の動画などを見て極太のを入れたい方もいるかと思いますが、なれないうちにそんなことをすると普通に痔になって痛いのでステップアップしていくイメージで行きましょう。

アナニーの本番

前立腺マッサージ器具を使う場合は、挿入したあとしばらくは違和感がなくなるまで待ちます。

次に、アナルの筋肉で出し入れをしていきます。この時手で動かさないようにしましょう。アナニーに焦りは禁物です。あとは、器具が勝手に前立腺を刺激して気持ちよくなるのを待つだけです。

ディルドやバイブを使う場合は手で動かしたり、床面に置いて自分が動いたりしましょう。ただし、ディルドやバイブの場合は根本が思っている以上に太い場合があるので、挿入してアナルが馴染むまではゆっくりと動かしたり、無理に奥まで入れようとしないことがコツです。

どちらの場合でも、射精の絶頂と異なり「じんわりとした気持ちよさ」からはじまります。そのうち徐々にガクガクとした快感になります。

最初はあんまり気持ちよくないと感じたり、イケないこともあると思いますが、アナニーは辛抱強く時間をかけてゆっくりとすることが大切です。

アナニーの安全性と必要なもの

そもそもアナニーは安全なのか

アナニーは要はアナルをいじってやるオナニーのことですが、はじめてだと不安ですよね。でも正しい手順を踏めば大抵は安全です。

もちろん、アナルは女性のヴァギナとは異なり元々何かを挿入される前提ではつくられていないのでローションでちゃんと滑りを良くしないといけませんし、ちゃんと開発をして拡張をしないと場合によっては切れます。

他にも衛生面に気をつけたりもしなければなりません。ただ、適切な手順や準備をすればより安全に楽しめることでしょう。

アナニーで必要なもの・道具

ここではアナニーに必要なもの・道具を紹介していきます。

ローション

ローションは絶対に必要です。

そもそも挿入される前提で器官ができていないためアナルは潤滑剤を出す機能を有していません。そのため、ローションは必ず使用する必要があります。

オナホール向けに作られているものは成分の影響でお腹がゆるくなったり、そもそも粘度が低すぎてアナルを傷つけてしまう可能性があります。そのため粘度が高い製品を使うことがおすすめです。

また、一回でオナホールでオナニーする場合と比べてかなり多い量を消費するので可能なら大容量タイプのものを買っておくとより安心です。

アナニーにおすすめのローション
「ペペバックドア」

 

「ブランシークレット スタンダード」

コンドーム

コンドームはグッズや指につけて使います。

指に傷などがあるとそこから雑菌が侵入する可能性もありますし、グッズなども洗う際の手間が少し楽になります。

コンドームに関してはローションとは異なりできるだけコスパ重視で買ったほうが経済的かと思います。もちろん、お好きなコンドームを使ったほうが気持ち的にも上がるので、こだわりがある方はそっちを使う形でも大丈夫と思います。

「めちゃうす1000」

沢山入っているのでコスパが良くおすすめですよ

シリンジ

浣腸をして腸内洗浄をするために使います。あとは、アナル内に少しローションを入れるとバイブなどを入れるときに楽になるのでその際にも使います。

「デラックス・プラスチック・シリンジ」

アナニーが捗る道具

ここで紹介する道具はアナニーを捗らせる道具です。必需品ではありませんがアナニーを楽しむなら要チェックです。

アナル向けのプラグ

いわゆるアナルプラグです。これは主にアナルの拡張で使ったりします。

丸が数珠つなぎになってたりいちごみたいな形に土台がついてたりいろんな形のものがありますね。

アナルは元々なにか挿入される前提の器官ではないため、拡張してあげないと普通のバイブすら入りません。そのため、徐々に入るサイズを広げて上げる必要があるのです。中には、バルーンのような構造で拡張できるものもあります。

「膨張プラグ」

前立腺マッサージ器具(エネマグラ)

ざっくり説明すると、前立腺を刺激することに特化した器具です。エネマグラとも呼ばれますがエネマグラは前立腺マッサージ器具の製品名の一つです。

アナニーは前立腺を刺激することで快感を得るのですが、開発していないと感じにくいです。そのため、前立腺マッサージ器具である程度開発する必要があります。

アネロスやエネマグラなど様々な製品がありますが、ここはお好みでいいかと思います。自分のおすすめはこんな感じのシリコンに覆われた製品です。

「ANEROS HELIX SYN TRIDENT」
(アネロス ヒリックス シン トライデント)

あとは、バイブやディルドなどを用意してもいいかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか、今回はアナニーの基本的なやり方、必要な道具についてまとめて説明しました。

アナルはとてもデリケートな器官なので、ローションは多少高くてもいいものを買うようにしましょう。また、簡単・お手軽に気持ちよくなれるわけではないので、本当に時間をかけてゆっくりと気持ちよくなるということがアナニーではとても大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました