【最新体験談】男性のオナニーのやり方6種類を紹介

自慰(オナニー)

この記事では男性のオナニーのやり方を6種類紹介します。

皆さんは普段はどのようなオナニーをしていますか?

人によって、こういうふうにやるといった風にこだわりのある方や、もう日常的にやりすぎて普通のオナニーでは満足できなくなってしまって、新たなオナニーを開拓するために日々研究をしている方、はたまた人によっては独特なオナニーをしている人もいるのではないでしょうか。

今回は私が今まで色々としてきた方法の中でもおすすめなものを7種類ほどご紹介していけたらと思います。

男性のオナニーやり方 6種類

6種類のオナニー方法
・想像セルフオナニー
・オナホールオナニー
・ゴムニー
・催眠オナニー
・女装オナニー
・前立腺オナニー

人によっては何日も連続でやったり、一日に何度もしたり…さまざまなやり方があるかと思います。

「想像セルフオナニー」

最もスタンダードなオナニーです。

やり方はシンプルで、AV、エロ本やグラビア画像などをオカズにして、自分の手でペニスを扱いて絶頂します。人によっては、妄想をオカズとしてするかたもいらっしゃるようです。

道具を必要とせず、後処理もティッシュで拭き取るだけですので一番お手軽であるとも言えますね。

最近ではスマホだけで手軽にVRAVをみることができます。自分も何本かVRAVを見ましたが、主観視点的な感じで作られているものも多く見ていて女優さんの実在感もあって非常に興奮するなぁと感じました。

「オナホールオナニー」

道具を使ったオナニーと聞いておそらくは真っ先にイメージする人が多いであろうオナホールオナニー。

最近では通販で手軽に買えたりするので持っているという方も多いのではないでしょうか。小型なものから大型なもの、自分で動かさないといけないものや電動のものと多種多様な物が出ています。

スタンダードな手でするオナニーとは異なり、直接的な刺激に変化があるので、手でやることに飽きた方は検討してみるのもよいのではないでしょうか。

最近では手軽に女性の身体を模したエアーダッチを買うことができるので、それとオナホールを組み合わせることで、擬似的にセックスをしているように感じることができます。

自分もエアーダッチを使用して、オナニーしたことがありますが、手で動かすのとは違って、エアーダッチ等の場合空気による圧迫感でより強い快感になっているなぁと思いました。

「ゴムニー」

オナニーでの少し面倒なことといえば、射精後の賢者タイム中の後処理だと思います。なんとなく襲ってくる虚無感のなか処理をしたりと面倒なことも多いのではないでしょうか。

そんなあなたにおすすめなのがコンドームオナニー、通称ゴムニーです。

やり方は非常に簡単で、普段のオナニーの際にペニスにコンドームをつけるだけです。基本射精してもコンドームの中で完結してしまいますし、直接触れてるわけではないので刺激が軽減されます。厚手なものを使えば刺激の軽減度合いも大きくなりますので、ゆっくりと快感を楽しみながらオナニーをすることができます。

インターネットの通販でなら、コンドーム3箱パック800円くらいで買えるので、コスパ重視ならこういうのを使えばいいと思います。

ただこういうのは薄いので刺激の軽減というよりは後処理が楽になる程度です。厚さ0.1ミリのものなら結構刺激軽減も効果あるのでゆっくりと快感を楽しみながらオナニーができるかなぁという体感です。

「催眠オナニー」

催眠オナニーは、その名の通り催眠にかかってオナニーをするということです。

最近では音声作品の技術の向上により、バイノーラル録音されたものも出てきました。催眠状態になることにより、普段はできないような一切ペニスに触れることなく絶頂したり、実際はしていないのにエッチしてるかのように感じたりなどなど物によって様々な催眠にかかることができます。

普段とは味わえないような快感を味わうことができます。

やり方としては、基本的に音声を聞いてリラックスして音声の指示に従うだけです。

自分がよく聞いているシチュエーションは、体を改造されて快感漬けにされたり、女性になっていたり、触手にせめられたり、本当に多種多様です。強制的に寸止めオナニーをさせられるものもあります。

「女装オナニー」

女装オナニーは、女性の格好をしてするオナニーです。女性の格好をしているのに、興奮してしまうという倒錯した状態に非常に興奮します。

普通に学生服を着る方や女性キャラクターの服を着る方、中には女性用のビキニやスク水のような水着、水着以上にセクシーな服を着る方もいらっしゃいますね。

最近では女性の匂いの香水も売っていますので、ちょっとした工夫でグッと雰囲気が出るのもポイントです。

私はふたなり系のオカズなどをみて気分を高めてからやることが多く、自分の好きなコスチュームですることが多いです。コスチュームはインターネットで簡単に手に入るので、女装オナニーも一般的になりつつあるのではないでしょうか。

「前立腺オナニー」

前立腺オナニーは、男性の体で女性のような快感を得ることができると、近年人気になってきているオナニーの方法です。

アナルの開発や前立腺の開発、グッズの用意など準備することは非常に多いのですが、絶頂したときの感覚が非常に強くそれを目標にする方も多いようです。人によっては上記の女装オナニーと組み合わせて行う場合もあるようです。

私の場合は、女装と組み合わせて行うことが多いです。単純に気分が上がるのと、体感的に前立腺で絶頂に至りやすいのでこのようにしています。

また前立腺オナニーは時間がかかり、寒さが絶頂のじゃまになるので女装をしています。あとは、前立腺を刺激するグッズ(エネマグラやアナル向けローター)で刺激していきます。

前立腺開発などは必要ですが、ペニスとはまた違った快感があってとても気持ちいいです。

まとめ

あなたの好きなオナニーはありましたか?

私は、前立腺オナニーと催眠オナニーが一回あたりの快感がとても強くてお気に入りです。それぞれのオナニーのスタイルにメリットデメリットこそありますが、どれも一回は経験しておいて損は無いのかなと思います。

興味を持ったものがありましたら、是非試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました